技術情報

[MUシリーズ]評価ソフトを当社インターフェースボード以外で使用する場合の注意点

MUシリーズの評価ソフトは弊社RS-232CインターフェースボードまたはUSBインターフェースボードを使用する事を前提に作られています。

弊社のインターフェースボード以外をお使いの場合、以下の点に注意してください。

MUシリーズの無線モデムはCTS/RTSを使用しています。TXD/RXD/GNDの3線式でCTS/RTSをオープンのままではレスポンスが返信されません。
※ 評価ソフト使用時に限った事ではありませんが、無線モデムのCTS/RTSを未接続のままでは正常に使用できません。CTS/RTSを接続するか、無線モデム側からUART信号が出るように端子を処理してください。

評価ソフトではCTS/RTSの他にDTR、DSRも使用しています。DTRを無線モデムのMODE端子へ、DSRをGNDへ接続してください。

RS-232Cの場合、信号が反転し、+/-に振幅します。

RS232Cインターフェースボードマニュアルの回路図またはUSBインターフェースボードマニュアルの回路図を参考にして配線を行ってください。

注意
弊社インターフェースボード以外での動作保証についてはいたしかねます。弊社評価ソフトを使ってMU-2/MU-3の評価を行う場合、弊社のインターフェースボードをお使い頂く事をお勧めいたします。
USB-RS232C変換ケーブルの中にはTXD/RXD/GNDの3線式またはTXD/RXD/CTS/RTS/GNDの5線式の製品があります。これらの製品とRS232Cインターフェースボードを使用した場合、正常に動作しません。