導入事例

長距離無線通信による遠隔モニタリング – 下水道マンホールポンプ監視システム

MU-3-429, MU-2-429

生活を支える重要なインフラである下水道。 下水道の水位やポンプに異常が発生した場合には、迅速な対応が求められます。 この迅速な対応を可能にするのが、特定小電力無線を使った監視システムです。 長距離通信によって遠隔でモニタリングができるため、異常発生時にも問題箇所を素早く把握でき、下水道の安全な運用管理にも役立っています。

斜面崩壊感知システム – 感太郎 – センサーデータを無線伝送

MU-2-429

斜面、地盤の変動を監視する製品です。斜面地盤に打ち込んだ傾斜センサーの傾きを定期的に計測し、斜面の変動状況とそのスピードを把握することで危険度を評価します。

このセンシングデータを無線で伝送します。斜面災害に対する情報を迅速に提供できるため、防災に役立ちます。

429MHz帯 LoRa無線モデム:機械設備監視システム

SLR-429M

工場内のあらゆる機械設備から情報を収集して集中管理し、リアルタイムで機械設備状況を「見える化(視える化)」できるシステムです。収集したデータはCSVに書き出せ、異常停止時には担当者へメールを自動送信することも可能。429MHz帯 長距離無線LoRaモデムを使用した機械設備監視システムのため、大掛かりな配線工事は不要。低コスト, 短期間でIoTシステムを導入できます。

セキュリティゲート開閉制御の無線リモコン操作

WT-01, WT-02, WR-01

ゲートによる入退場の際、通常は自動で稼働をしていますが、突発的に警備や施設の係員が手動でゲート開閉を行いたい場面があります。係員とゲートが必ずしも近い場所でないこともあるため、このような時に、無線リモコンによってゲートの遠隔操作を可能にします。

es89.com リモコンエンジンスターター
動物行動調査用テレメトリー発信器