導入事例

長距離無線通信による遠隔モニタリング – 下水道マンホールポンプ監視システム

長距離無線通信により、下水道マンホールポンプを遠隔モニタリング

生活を支える重要なインフラである下水道の水位やポンプに異常が発生した場合、迅速な対応が求められます。 この迅速な対応を可能にするのが、特定小電力無線を使った監視システムです。 長距離通信によって遠隔でモニタリングができるため、異常発生時にも問題箇所を素早く把握でき、下水道の安全な運用管理にも役立っています。

導入企業と製品名

お客様 株式会社アイシーティー 様
製品名 下水道マンホールポンプ監視システム
使用無線機

429MHz帯特定小電力は数百m以上の長距離通信を、電波利用料不要で実現します。 サーキットデザインのMUシリーズは、産業用無線で培った独自のコマンド体系によって簡単に無線制御を可能にしますので、各種IoTアプリケーション、テレメータシステムの構築にも最適です。

システム概要

下水道マンホールポンプの本真空弁端末は、有線による信号取得ではなく、無線によって真空ステーションへの信号伝送を行うものです。有線の場合と比較した場合、初期工事費用、メンテナンスを容易にし、維持管理を行うためのランニングコストが節約できます。また、中継局を使用することにより、伝送距離を比較的簡単に延長することが可能です

下水道マンホールポンプ監視システム

429MHz帯特定小電力は数百m以上の長距離通信を、電波利用料不要で実現します。 サーキットデザインのMUシリーズは、産業用無線で培った独自のコマンド体系によって簡単に無線制御を可能にしますので、各種IoTアプリケーション、テレメータシステムの構築にも最適です。