MU-2-429

特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム

RFICにより小型化と低価格化を実現。

MU-2-429は、ワンチップCPUのUARTやパソコンのCOMポート(RS232C)とインターフェース可能なコマンドコントロールの無線モデムです。技術基準適合証明(技適マーク)取得済みですので無線局の免許及び登録無しで使用することができます。

MU-2-429はRFICを使用しており、小型化と低価格化を実現しました。

TCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載し、-20℃~+65℃と広温度範囲で使用ができます。またリードソロモン符号による強力なエラー訂正機能を搭載し、信頼性のあるシステムを構築することができます。MU-1やMU-1N、MU-3シリーズと共通のコマンド体系で制御できます。

MU-2-429の通信距離の実力は、1.5mの設置高で見通しがある田園地帯では、1,500m程度可能です(ただし、雑音のない制御基板かつ周辺の影響がない環境)。最大10局まで可能な中継機能を利用することにより、さらに遠距離の通信ができます。
また延長ケーブルによって、アンテナを電波環境の良い場所に設置することができます。

データ伝送、テレメトリー、テレコントロールの用途にご使用いただけます。

製品のご購入

MU-2-429

MU-2-429

特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム
¥14,200(税別) 数量別単価(税別)1-5:14,200円、6-19:13,200円、20-49:12,100円、50-99:10,930円、100-299:9,760円、300-:応談
価格
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
¥14,200
セット購入
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-400-TH
¥14,500
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-400-TS
¥14,500
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-01
¥18,200
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-400
CBL-TMP-SMA-50
¥19,200
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-400
CBL-TMP-SMARE-50
CBL-SMA-SMA-5D-1000
¥28,700
429MHz帯 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429MU-2-429
ANT-400
AC-B1
CBL-TMP-SMARE-50
CBL-SMA-SMA-5D-1000
¥35,200
数量

特長

技術基準適合証明取得済
技術基準適合証明(技適マーク)を取得していますので、無線局の免許及び登録無しで機器に組み込んで使用することができます。
中継機能(最大10局)
ルートコマンドにより最大10局の中継ができます。中継局は機器の初期設定と電源供給のみで動作します。
シンプルな専用コマンドでシリアルデータ伝送
MU-2は当社独自のシンプルな専用コマンドを採用しています。
強力なエラー訂正機能
リードソロモン符号による強力なエラー訂正機能でさらなる通信品質の向上ができます。
子局の電界強度確認
親局からのコマンドで、子局の電界強度(S)とフロアノイズレベル(N)の確認ができます。
アンサーバック通信機能
データ送信コマンドのコマンドオプションにてACK要求有りを選択した場合、目的局から受信確認通知ACKを返信します。
UARTインターフェース可能
ワンチップCPUのUARTやパソコンのCOMポート(RS232C)と簡単にインターフェースができます。
MU-1N、MU-3とコマンド&プロトコル互換
MU-2はMU-1Nとコマンド&プロトコル互換なので、MU-1N・MU-3とMU-2を混在したシステムの構築もできます。
低電圧、低消費電流動作
商用電源が確保できない屋外使用の場合でも、バッテリで長時間の使用ができます。
コンパクトサイズ
36mm×26mm×8mmのコンパクトサイズで機器への組み込みも簡単に行えます。

アプリケーション

データ伝送
エネルギーモニタ、データ監視装置、ハンディターミナル、バーコードリーダー、工場内の生産管理、ゴルフ場管理、電力量・ガス使用量のモニタシステム
テレコントロール
建設機械のリモートコントロール、表示装置、モーター制御、リフター、FA機器のリモートコントロール、学校の緊急通報装置
テレメーター
河川、ダムの水位モニタ、温度湿度計、雨量計、圧力計、電圧計、電流計

機能

シンプルな専用コマンド

MU-2は当社独自のシンプルな専用コマンドを採用しています。チャネル設定など全てのコントロールがコマンドで行えます。

例1)チャンネルを08に変更する場合 @CH08 CrLf
例2)機器IDを03に変更し、EEPROMに固定する場合 @EI03/W CrL
例3)ABCDEの5文字を送信する場合 @DT05ABCDE CrLf

送信コマンドを発行した場合は、目的局(受信側)のデータレシーブ文字列を処理して下さい。
受信専用機はデータ送信コマンドを発行できません。

中継機能(最大10局)

ルート設定により最大10局の中継ができます。

データ(ABCDE)を機器ID:EI=04の受信局へ、中継局1(EI=02)中継局2(EI=03)を経由して伝送する場合

強力なエラー訂正機能

MU-2にはリードソロモン符号による強力なエラー訂正機能があります。ランダムエラーやバーストエラーが発生する環境下でも信頼性の高い通信が可能です。
※通信速度はエラー訂正をしない時(標準プロトコル)より遅くなります。
※エラー訂正を使用する場合は、双方のMU-2の通信プロトコルをエラー訂正プロトコルにしてください。

1:標準プロトコル…エラー訂正をしない標準プロトコルです。
2:エラー訂正プロトコル…エラー訂正には3モードがあり、それぞれ復元率が違います。

1)インターリーブなし 復元率10%
2)インターリーブ1 復元率25%
3)インターリーブ2 復元率25%

1) インターリーブなし → 0~255バイトの可変長データのエラー訂正。データ復元率10%

2) インターリーブ1 → 0~8バイトの可変長データのエラー訂正。データ復元率25%

3) インターリーブ2 → 0~32バイトの可変長データのエラー訂正。データ復元率25%

アンサーバック通信機能

データ送信コマンドのコマンドオプションにてACK要求有りを選択した場合、目的局から受信確認通知ACKを返信します。

子局の受信電力確認

親局からのコマンドで、子局の受信電力(S)とノイズフロア(N)の確認ができます。
機器組込み時の受信状態や、ノイズレベルの測定、離れた機器の通信状態を確認するのに便利です。

接続方法

ワンチップCPUとの接続図 (直接接続)

ワンチップCPUとの接続(RS-232Cレベル接続)

パソコンとの接続

無線部

項目 仕様 備考
適合規格 ARIB STD-T67適合 技術基準適合証明取得済
使用周波数 429.2500~429.7375MHz  
チャンネル数 40ch ch間隔12.5kHz
送信出力 10mW / 1mW コマンドにより切替可
変調方式 2値FSK  4,800bps  
アンテナ 指定専用アンテナに限る 受信専用機は除く
動作電圧 3.0~5.0V   
消費電流 10mW 送信時:42mA、受信時:22mA
1mW 送信時:26mA、受信時:22mA
 電源電圧 3V時
動作温度範囲 -20~+65℃(結露なきこと)  
外形寸法 36mm×26mm×8mm 突起部含まず
重量 14.5g  
 
参考データ
実効無線間通信速度:約3,400bps 条件:単向通信、エラー訂正無し、25℃
到達距離:約600m 条件:単向通信、エラー訂正無し、25℃、見通し距離、地上高1.5m

UARTインターフェース部

項目 仕様
通信方式 シリアル通信(RS232フォーマット)
同期方式 調歩同期(非同期)
データスピード 1,200/2,400/4,800/9,600/19,200/38,400/57,600bps
フロー制御 RTS/CTSハードウェアフロー制御
他パラメータ データ長:8bit、パリティ無し、ストップビット1 or 2

製品マニュアル

名称 バージョン ダウンロードファイル
MU-2-429マニュアル Ver. 3.0 2016年1月 PDF

外観・寸法

ブロック図

評価方法

システム開発の初期段階でMU-2-429を評価することができます。 評価するには以下の物をご準備ください。

  • 当社販売の以下のいずれかのインターフェースボード
  • 評価プログラム
  • PC
  • 通信ケーブル
    RS232Cはストレートケーブルメスタイプ(無線モデム側D-Subオス)
    USBケーブルはTypeA(PC側)→TypeB(無線モデム側)
  • 電源(乾電池可)

評価プログラム

インストールについて

  • 任意のフォルダで解凍しフォルダ内の実行ファイルを実行して下さい。
  • アンインストールはフォルダを削除してください。本プログラムはレジストリーに何も登録しません。
  • 作成されたHELPフォルダには何もありません。必要に応じてファイルを保管して下さい。
名称 バージョン ダウンドードファイル
MU-2評価プログラム Ver. 2.021 2009年2月25日 Zip file
MU-2評価プログラムマニュアル Ver. 2.1 2009年3月 PDF

評価プログラム画面

システム設計の初期においてはMU-2-429インターフェースボード/MU2-RS2-429、またはMU2-USB-429をお買い求め下さい。 評価プログラムによってMU-2-429の通信性能を確認することができます。

エアーモニタ:スペクトラムドメイン

バンド内の各周波数チャネルの受信レベルを簡易スペクトラム表示します。フィールドのノイズや混信状況のモニタができます。目的局の表示にも対応しております。

エアーモニタ:タイムドメイン

特定チャネルの受信レベルを時間軸で記録します。通信距離や使用環境による電界強度の変化をモニタすることができます。

コントロールウィンドウ

コマンド発行やコントロールを行なうことができます。

テストウィンドウ

パケット到達率テストや内部設定値を取得することができます。

通信テスト:電文伝送

パソコン間で電文を送ることができます。

通信テスト:ファイル伝送

パソコン間でファイルを送ることができます。

本モデムで使用できる指定専用アンテナは、以下の通りです。
弊社が販売する指定専用アンテナ以外は、電波法違反になります。

指定専用アンテナ

品名 仕様 無線機への直付け可否
ANT-400-TS
ソフトアンテナ
長さ:約180mm
アンテナ利得:2.14dBi以下
ANT-400-TH
ハードアンテナ
長さ:約180mm
アンテナ利得:2.14dBi以下
ANT-01
同軸ケーブル長:5m
アンテナ利得:2.14dBi以下
ANT-400
防水アンテナ
長さ:約185mm
アンテナ利得:2.14dBi以下
×

同軸ケーブル

品名 仕様 接続可能アンテナ

CBL-TMP-SMA-50

コネクタ1: TMP
コネクタ2: SMA-P
長さ: 500mm
径: 1.5D
ANT-400

CBL-SMA-SMA-5D-1000

コネクタ1: RPSMA-P
コネクタ2: SMA-P
長さ: 10,000mm
径: 5D-FB
ANT-400
CBL-TMP-SMARE-50による変換が必要

アンテナ設置方法

本モデムは延長ケーブルを使用して、アンテナを電波状況の良い場所に設置することができます。
ただし、アンテナは弊社が販売する物に限ります。
指定専用アンテナ以外を使用すると電波法違反になります。
※受信専用機に関してはこの限りではありません。

アンテナ設置方法のページをご覧ください。

 

システム例

CPU制御システム

CPUのUARTと直結し、単方向通信、双方向通信が可能です。

PC制御によるデータ伝送システム

1:Nでの単方向通信、双方向通信が可能です。

M:N通信システム

それぞれの機器が複数へ通信を行うM:Nでの通信が可能です。

中継システム

MU-2を複数台(最大10局)中継する長距離通信システムが可能です。
通信パケットごとに中継ルートを指定する事も可能です。

長距離無線通信による遠隔モニタリング – 下水道マンホールポンプ監視システム

MU-3-429, MU-2-429

生活を支える重要なインフラである下水道。 下水道の水位やポンプに異常が発生した場合には、迅速な対応が求められます。 この迅速な対応を可能にするのが、特定小電力無線を使った監視システムです。 長距離通信によって遠隔でモニタリングができるため、異常発生時にも問題箇所を素早く把握でき、下水道の安全な運用管理にも役立っています。

斜面崩壊感知システム – 感太郎 – センサーデータを無線伝送

MU-2-429

斜面、地盤の変動を監視する製品です。斜面地盤に打ち込んだ傾斜センサーの傾きを定期的に計測し、斜面の変動状況とそのスピードを把握することで危険度を評価します。

このセンシングデータを無線で伝送します。斜面災害に対する情報を迅速に提供できるため、防災に役立ちます。