MU3-USB-429

MU-3-429 USBインターフェースボード

MU1N-USB-429後継モデル

MU3-USB-429は、MU-3-429を搭載したUSBインターフェースボードです。
技術基準適合証明(技適マーク)取得済みのMU-3-429を搭載しているので、無線局の免許及び登録無しで使用できます。
パソコンのUSB端子に接続することができ、電源はUSB端子より供給されます。また、送信・受信LEDが付いています。

USBドライバには信頼性のあるFTDI社のUSBチップを採用しています。また、制御プログラムは仮想COMポートに対して行うので、従来のCOMポートプログラム資産を利用することができます。

本無線機は延長ケーブルによって、アンテナを電波環境の良い場所に設置することができます。
詳細はアンテナ設置方法をご覧ください。

搭載無線機:MU-3-429の情報

製品のご購入

MU3-USB-429

MU3-USB-429

MU-3-429 USBインターフェースボード
¥32,200(税別) 数量別単価(税別)1-5:32,200円、6-19:30,200円、20-49:28,200円、50-99:26,230円、100-299:24,260円、300-:応談
価格
MU3-USB-429
¥32,200
セット購入
MU3-USB-429
ANT-400-TH
¥32,500
MU3-USB-429
ANT-400-TS
¥32,500
MU3-USB-429
ANT-01
¥36,200
MU3-USB-429
ANT-400-AR
CBL-TMP-SMABJW-50
¥38,700
MU3-USB-429
ANT-400-SWW
CBL-TMP-SMARE-50
¥35,700
MU3-USB-429
ANT-400-SFW
CBL-TMP-SMARE-50
¥36,200
MU3-USB-429
ANT-400-DX-5
CBL-TMP-SMABJW-50
¥57,200
MU3-USB-429
ANT-400-DX-10
CBL-TMP-SMABJW-50
¥58,700
MU3-USB-429
ANT-400
CBL-TMP-SMA-50
¥37,200
MU3-USB-429
ANT-400
CBL-TMP-SMARE-50
CBL-SMA-SMA-5D-1000
¥46,700
MU3-USB-429
ANT-400
AC-B1
CBL-TMP-SMARE-50
CBL-SMA-SMA-5D-1000
¥53,200
数量

特長

技術基準適合証明(技適マーク)取得済みのMU-3 を搭載
パソコンのUSBポートと接続
パソコンのUSBポートに接続し、データの収集や機器のコントロールすることができます。
FTDI社チップ採用
USB-UART変換チップには信頼性のあるFTDI社のFT8U232BMを採用しています。
外部電源不要
ボードの電源はUSBポートから供給されますので、外部電源は必要ありません。
設計初期段階で評価プログラムが使用可能
小型形状(47mm × 71mm × 16mm:アンテナ別)

アプリケーション

データ伝送
シリアルデータ伝送 エネルギーモニタ、データ監視装置、ハンディターミナル、バーコードリーダー
テレコントロール
建設機械のリモートコントロール、表示装置、モーター制御、リフター、
FA 機器のリモートコントロール
テレメーター
河川、ダムの水位モニタ、温度湿度計、雨量計、圧力計、電圧計、電流計

一般仕様

項目 仕様 備考
規格 ARIB STD-T67  
使用周波数 429.2500~429.7375MHz  
チャンネル数 40ch ch間隔12.5kHz
送信出力 10mW/1mW  
変調方式 2値FSK  4,800bps  
アンテナ 指定専用アンテナに限る 受信専用機は除く
電源供給 USBバスパワー  
消費電流 送信時:70mA、受信時:49mA USBバスパワー
動作温度範囲 -20~+65℃  
LED表示 TX、RX、POWER  
スイッチ イニシャライズ  
外形寸法 47mm×78mm×16mm コネクタ含む。アンテナ含まず。
本体重量 47g  

USBインターフェース仕様

項目 仕様
インターフェイス規格 USB
Ver.2.0 Full speed
レセプタクル USB-Bタイプレセプタクル
適合プラグ USB-Bタイププラグ
 
UARTパラメータ
データスピード 1,200/2,400/4,800/9,600/19,200/38,400/57,600bps
フロー制御 RTS/CTSハードウェアフロー制御
他パラメータ データ長:8bit、パリティ無し、ストップビット1or2

製品マニュアル

名称 バージョン ダウンロードファイル
MU3-USB-429マニュアル Ver. 1.0 2019年6月 PDF

外観・寸法

ブロック図

評価プログラムのダウンロード

インストールについて

  • 任意のフォルダで解凍しフォルダ内の実行ファイルを実行して下さい。
  • アンインストールはフォルダを削除してください。本プログラムはレジストリーに何も登録しません。
  • 作成されたHELPフォルダには何もありません。必要に応じてファイルを保管して下さい。
名称 バージョン ファイル
MU-1N評価プログラム Ver. 1.500 2009年2月25日 icon
MU-1N評価プログラムマニュアル Ver. 1.1 2009年3月 PDF

※MU-3はMU-1Nの互換製品となりますのでMU-1N評価プログラムをお使い下さい。機種名もMU-1Nを選択して下さい。

評価プログラム

評価プログラムによってMU-3-429の通信性能を確認することができます。

エアーモニタ:スペクトラムドメイン

バンド内の各周波数チャネルの受信レベルを簡易スペクトラム表示します。フィールドのノイズや混信状況のモニタができます。目的局の表示にも対応しております。

エアーモニタ:タイムドメイン

特定チャネルの受信レベルを時間軸で記録します。通信距離や使用環境による電界強度の変化をモニタすることができます。

コントロールウィンドウ

コマンド発行やコントロールを行なうことができます。

テストウィンドウ

パケット到達率テストや内部設定値を取得することができます。

通信テスト:電文伝送

パソコン間で電文を送ることができます。

通信テスト:ファイル伝送

パソコン間でファイルを送ることができます。

本インターフェースボードで使用できるアンテナ、ケーブルは下表のとおりです。
弊社が販売する指定専用アンテナ以外は、電波法違反となります。

指定専用アンテナ

品名 仕様 無線機への直付け可否
○=可能 ×=不可(延長ケーブル要)
ハードアンテナ
ANT-400-TH

利得:2.14dBi以下
指向性:水平無指向
防水防塵:無保護
TMP
ソフトアンテナ
ANT-400-TS

利得:2.14dBi以下
指向性:水平無指向
防水防塵:無保護
TMP
ラジアル付きホイップアンテナ
ANT-400-AR

利得:2.14dBi以下
指向性: 水平方向無指向
VSWR: ≦2.0
防水防塵: 無保護
使用温度: -10~60℃
SMA-P
×
防水ホイップアンテナ
ANT-400-SWW

利得:2.14dBi以下
指向性:水平方向無指向※1
VSWR:≦2.0
防水防塵:IP65
使用温度:-20~+65℃

RPSMA-P

×
可倒式防水アンテナ
ANT-400-SFW
利得:2dBi
指向性:水平方向無指向※1
VSWR:≦2.0
防水防塵:IP67
使用温度:-20~+65℃
RPSMA-P
×
防水アンテナ
ANT-400

利得:2.14dBi以下
指向性:水平方向無指向※1
VSWR:≦2.0
使用温度:-20~+65℃
直付け不可、ケーブル要
SMA-J
×

ダイポールアンテナ
ANT-400-DX 5m

利得:2.14dBi以下
指向性:水平方向無指向
VSWR:≦2.0
使用温度:-20~+65℃
直付け不可、ケーブル要
SMA-P
×

ダイポールアンテナ
ANT-400-DX 10m

利得:2.14dBi以下
指向性:水平方向無指向
VSWR:≦2.0
使用温度:-20~+65℃
直付け不可、ケーブル要
SMA-P
×

同軸ケーブル

品名 仕様 接続可能アンテナ

CBL-TMP-SMA-50

コネクタ1: TMP
コネクタ2: SMA-P
長さ: 500mm
径: 1.5D
ANT-400

CBL-TMP-SMARE-50

コネクタ1: TMP
コネクタ2: RPSMA-J
長さ: 500mm
径: 1.5D
ANT-400-SWW
ANT-400-SFW

CBL-TMP-SMABJW-50

コネクタ1: TMP
コネクタ2: SMA-J
長さ: 500mm
径: 1.5D

ANT-400-DX 5m
ANT-400-DX 10m
ANT-400-AR

CBL-SMA-SMA-5D-1000

コネクタ1: RPSMA-P
コネクタ2: SMA-P
長さ: 10,000mm
径: 5D-FB
ANT-400
CBL-TMP-SMARE-50による変換が必要

アンテナ設置方法

本インターフェースボードは延長ケーブルを使用して、アンテナを電波状況の良い場所に設置することができます。
ただし、アンテナは弊社が販売する物に限ります。指定専用アンテナ以外を使用すると電波法違反になります。
※受信専用機に関してはこの限りではありません。

アンテナ設置方法のページをご覧ください。