導入事例

空調設備の無線コントロール

空調設備の省電力システムを無線でコントロール

空調機を省エネ運転制御する装置です。電子ブレーカーからの電力量アラートを無線伝送し、室外機をコントロールします。電気料金の削減効果があり、日本全国の商用施設で多数導入されています。

導入企業と製品名

お客様 株式会社エナジーコンダクタ 様
製品名 RAD無線システム (遠距離制御機器)
使用無線機

無線伝送する信号は連続的に送る必要があり、応答速度も速い2.4GHz帯入力モジュールNT-4M, 出力ユニットNR-1を採用いただいています。

システム概要

RAD無線システム(遠距離制御機器)

電子ブレーカなどに組み込み接続することにより、無線で遠隔制御ができます。2.4GHz帯を使用しておりARIB標準規格「STD-T66」に準拠し、技術基準適合証明書取得済みですので、無線局免許申請なしで使用できます。伝送方式に周波数ホッピング方式を採用していますので、他の無線機からの妨害や混信の通信障害を軽減しています。通信距離は見通し約100〜150mです。

製品仕様書ダウンロード

RAD無線システム (遠距離制御機器)

無線伝送する信号は連続的に送る必要があり、応答速度も速い2.4GHz帯入力モジュールNT-4M, 出力ユニットNR-1を採用いただいています。

製品に関するお問い合わせ

株式会社エナジーコンダクタ

お問い合わせフォーム