導入事例

LoRa無線モデムとGPSによる養殖イカダの離脱警報装置

養殖用イカダ流出防止のためGPSによる位置管理をして、警報を鳴らす装置

養殖用イカダの流出防止を目的とした無線警報装置です。筏(いかだ)にはGPSとLoRa無線機が組み込まれた子機が設置され、位置情報データを親機へ定期的にデータ伝送します。あらかじめ設定した位置から100m以上離れた場合に警報が鳴るため、イカダの流出防止を行うことが可能です。

導入企業と製品名

お客様 株式会社与論電子 様
製品名 イカダの離脱警報装置
使用無線機

無線機は、429MHz帯LoRaモデムSLR-429Mを採用いただいています。10km以上の超距離通信が可能な製品のため(使用環境による)、遠隔監視システム等に最適です。

システム概要

イカダの離脱警報装置

無線機は、429MHz帯LoRaモデムSLR-429Mを採用いただいています。10km以上の超距離通信が可能な製品のため(使用環境による)、遠隔監視システム等に最適です。

製品に関するお問い合わせ

株式会社与論電子

鹿児島県大島郡与論町立長1588