1. HOME
  2. 製品情報
  3. 2.4GHz帯 DSSS小電力トランシーバ 基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

評価サンプル供給可能

2.4GHz帯 DSSS小電力トランシーバ(機器組込み用)

  STD-503 2.4GHz帯 DSSS小電力トランシーバ(機器組込み用)

STD-503は、世界各国で使用可能な2.4GHz帯ISMバンドで動作し、安定と信頼性を求める産業アプリケーション用に開発された小型の機器組込型無線トランシーバモジュールです。バッテリーで動作し、安定的に見通し300mを超える無線通信を実現します。
2.4GHzで信頼性の高い無線通信を実現するため、対ノイズ性に優れたスペクトラム直接拡散方式(DSSS)に加え、マルチパスフェージングによる信号ドロップを防ぐトゥルーダイバーシティ受信機能を搭載しています。
また、トランスペアレントデータ入出力インターフェースにより、独自の通信プロトコルを持つユーザーは、そのプロトコルを変更することなく使用できます。連続するLOWまたはHIGH信号も、制限なく送信することが可能な自由度の高いインターフェースです。STD-503の通信設定は、シリアル通信(UART)で行うことができます。

STD-503価格:¥13,500(税抜)
※本製品は量産目的の組み込みモジュールです。
※購入数量別のセット価格は詳細情報ページをご覧下さい。

caution
※本製品に使用可能なアンテナは、弊社指定のアンテナに限ります。他のアンテナを使用すると電波法違反になります。

製品特長 このページのトップへ戻る

 特長

スペクトラム直接拡散方式 (DSSS)
トランスペアレントデータ入出力インターフェース(クロック同期)
トゥルーダイバーシティ受信
通信距離 300m (見通し)
小型・薄型 40 x 29 x 5.5 mm
低消費電力動作 3.3 V, TX 48 mA (Typ.), RX 55 mA (Typ.)
データレート 19.2 kbps
CHCピンを利用した端子によるチャンネル移動機能
データフレーム検出機能内蔵
動作温度範囲 -20 ~ +65°C
シリアル通信による通信設定
準拠規格: ARIB STD-T66、欧州EN 300 440、 米国FCC Part 15.247、カナダ IC RSS-210

システム例 このページのトップへ戻る

■ CPUのSIOを利用した接続例1 (CPUとSTD-503のVCC電圧が異なる場合)

接続例1

■ CPUのSIOを利用した接続例2 (CPUとSTD-503のVCC電圧が同一の場合)

接続例1

製品特長 このページのトップへ戻る

通信距離や通信スピードなど、開発に先立ちSTD-503の実力を評価するためのボードです。

STD-503評価ボード:TB-STD503test board

このページのトップへ