1. HOME
  2. 製品情報
  3. データ伝送・テレコントロール
  4. SLR-429M
  5. RS232Cインターフェースボード SLR-429M-RS2
  6. 概要・特長

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

概要

SLR-429M RS232Cインターフェースボード

SLR-429M-RS2

slr429m_rs2

SLR-429M-RS2は、SLR-429Mを搭載したRS232Cインターフェースボードです。
技術基準適合証明取得済みのSLR-429Mを搭載しているので、無線局の免許がいりません。
パソコンやPLCのD-Sub-9ピンのCOMポートに接続することができます。また、 送信、受信LEDと電源端子、電源SWが付いています。

本無線機は同軸ケーブルによって、アンテナを電波環境の良い場所に設置することができます。
詳細はこちらのページをご覧ください。

搭載無線モデム:SLR-429Mの情報はこちらをご覧下さい。

SLR-429M-RS2単品価格:¥24,800 (税抜)
[ 購入数量別の価格表 ]

特長 このページのトップへ戻る

技術基準適合証明取得済みのSLR-429Mを搭載しています。
 
パソコンのCOMポートと接続

パソコンのCOMポートに接続し、データの収集や機器のコントロールをすることができます。

RS232Cケーブルで通信が可能です。
 
設計初期段階で評価プログラムが使用できます。
 
オプションのSW/LEDボードで簡単な通信距離試験が可能です。
 
小型形状(47mm × 71mm × 18mm:アンテナ別)に納められています。

アプリケ^ション このページのトップへ戻る

ビル内のデータ伝送、空調コントロール
地下やマンホール内からのセンサーデータの伝送
ビニールハウスの温度、湿度などの監視、制御
トンネルや橋梁の状態測定
河川、ダム等の水位監視
水田の水温、水位監視
マンホールの異常通知
土石流の通報装置

オプション このページのトップへ戻る

SLR-429M-RS2は以下のSW/LEDボードとの組み合わせで、DIO端子による接点機能の評価を行うことができます。簡単な通信距離試験が可能なため、導入前のご評価にお勧めです。

SB-DIO-A, SB-DIO-B

SB-DIO-A、SB-DIO-Bセット価格:¥6,000(税抜)

使用例

双方向接点機能
SLR-429M-RS2
ループバック機能

ループバック機能を使用することで、自局から目的局へ接点情報を送信した後、目的局から自局に接点情報を自動的に送り返すことが可能です。( DIO1, 5 )

SLR-429M-RS2
このページのトップへ