1. HOME
  2. 製品情報
  3. データ伝送・テレコントロール
  4. 特定小電力超長距離無線モデム:SLR-429M基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

特定小電力超長距離無線モデム

SLR-429M

429MHz特定小電力超長距離無線モデム SLR-429M

アンテナの分離設置が可能です。

Smart RF modem SLR-429Mは、コンパクトで使いやすさを追求した機器組込型無線モデムです。
従来のFSKモードでの通信に加え、低ビットレートながら、超長距離通信を可能にするLoRaモードを搭載。
優れた受信感度によって、特定小電力の送信出力でありながら見通し10km以上の通信距離を実現します。
外部マイコンやPCとはUARTインターフェースで接続し、産業分野で培った当社独自のコマンド体系によって、お客様データの送受信や機器制御が行えます。
また、8点までの接点制御を行うことも可能です。

データ伝送、テレメトリー、テレコントロールの用途にご使用いただけます。

SLR-429M 単品価格:¥19,800 (税抜)
※購入数量別の価格は詳細情報ページをご覧下さい。

製品特長 このページのトップへ戻る

技術基準適合証明取得済

技術基準適合証明を取得済みのため、無線局の免許無しに機器に組み込んで使用することができます。

ARIB STD-T67準拠

429MHz帯 LoRa変調モードによる超長距離データ通信

920MHz帯LoRaに比べ、樹木や建物等障害物の影響を受け難い429MHz帯を採用しました。
FSK変調を使用した当社従来製品に比べ、都市雑音に強く、長距離通信が可能。

シンプルな専用コマンド

SLR-429Mはシンプルな当社独自専用コマンドを採用し、制御プログラムの開発が行えます。

簡単に接点情報通信

SLR-429Mの入出力端子にスイッチや半導体出力回路を接続するだけで、接点情報通信が可能です。

UARTインターフェース可能

ワンチップCPUのUARTやパソコンのCOMポート(RS232C)とインターフェースが可能です。

低電圧、低消費電流動作

商用電源が確保できない屋外使用の場合でも、バッテリーで長時間の使用が可能です。

コンパクトサイズ

40mm×29mm×6.2mmのコンパクトサイズで機器への組み込みも簡単に行えます。

製品特長 このページのトップへ戻る

ビル内のデータ伝送、空調コントロール

地下やマンホール内からのセンサーデータの伝送

ビニールハウスの温度、湿度などの監視、制御

トンネルや橋梁の状態測定

河川、ダム等の水位監視

水田の水温、水位監視

マンホールの異常通知

土石流の通報装置

電波伝搬特性 このページのトップへ戻る


 429MHzのLoRaと920MHzのLoRaの電波伝搬特性をシミュレーションしました。
 山頂に送信機を置いた場合の電界強度を色で示しています。
 青→緑→黄→赤の順に電界強度が強くなります。

 429MHz LoRa 伝搬特性シミュレーション

SLR-429Mが採用している429MHz帯の伝搬特性は、明らかに920MHz帯より有利です。

429MHz

 920MHz LoRa 伝搬特性シミュレーション

地形のくぼ地は電波が届きにくくなります。

920MHz

 通信距離試験結果

254bpsと低レートながら、約24kmの到達距離を実現しました。

920MHz
このページのトップへ