1. HOME
  2. 製品情報
  3. データ伝送・テレコントロール
  4. 特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム:MU-2基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム

MU-2-429

電波法の改正により
アンテナの分離設置が可能になりました。

ご利用いただけるアンテナ群429MHz特定小電力シリアルデータ伝送無線モデム MU-2-429/ナローバンド,エラー訂正機能,TCXO搭載,RoHS対応

MU-2は、ワンチップCPUのUARTやパソコンのCOMポート(RS232C)とインターフェース可能な、コマンドコントロールの無線モデムです。技術基準適合証明取得済みなので無線局の免許無しに運用することができます。

MU-2は専用RFICを使用して、通信性能はそのままに、小型化と低価格化を実現しました。

TCXO(温度補償型水晶発振器)を搭載し、-20℃~+65℃と広温度範囲で使用が可能です。また、リードソロモン符号による強力なエラー訂正機能を搭載し、信頼性のあるシステムを構築することができます。RoHS指令(鉛フリー)にも対応しています。MU-1NやMU-1シリーズと共通のコマンド体系で制御できます。

MU-2の通信距離の実力は、見通しがある田園地帯で1.5mの設置高では、約2000m程度可能です。(ただし、雑音の少ない制御基板で、周辺の影響を受けないこと)
最大10局まで設置できる中継機能を利用すると、さらに遠距離の通信が可能です。

さらに、延長ケーブルによって、アンテナを電波環境の良い場所に設置することができます。
詳細はこちらのページをご覧ください。

データ伝送、テレメトリー、テレコントロールの用途にご使用いただけます。

MU-2-429単品価格:¥14,200 (税抜)
※購入数量別の価格は詳細情報ページをご覧下さい。

製品特長 このページのトップへ戻る

MU-2-429 特長
技術基準適合証明取得済

技術基準適合証明を取得しているので、無線局の免許無しに機器に組み込んで使用することができます。

中継機能(最大10局)

ルートコマンドにより最大10局の中継ができるので、遠距離通信が可能です。中継局は電源を与えるだけでOK。

シンプルな専用コマンドでシリアルデータ伝送

MU-2は当社独自のシンプルな専用コマンドを採用しています。

強力なエラー訂正機能

リードソロモン符号による強力なエラー訂正機能でパケット到達率もアップ。

TCXO化により広温度範囲で動作可能

水晶をTCXO(温度補償型水晶発振器)化することにより、温度変化による周波数安定度が改善され、-20℃~+65℃の広温度範囲で動作可能になりました。

子局の電界強度確認

親局からのコマンドで、子局の電界強度(S)とフロアノイズレベル(N)の確認ができます。

アンサーバック通信機能

データ送信コマンドのコマンドオプションにてACK要求有りを選択した場合、目的局から受信確認通知ACKを返信します。

UARTインターフェース可能

ワンチップCPUのUARTやパソコンのCOMポート(RS232C)と簡単にインターフェースが可能です。

MU-1Nとコマンド&プロトコル互換

MU-2はMU-1Nとコマンド&プロトコル互換なので、MU-1N、MU-2を混在したシステムの構築も可能です。

低電圧、低消費電流動作

商用電源が確保できない屋外使用の場合でも、バッテリーで長時間の使用が可能です。

コンパクトサイズ

36mm×26mm×8mmのコンパクトサイズで機器への組み込みも簡単に行えます。

製品特長 このページのトップへ戻る

データ伝送

エネルギーモニタ、データ監視装置、ハンディターミナル、バーコードリーダー、工場内の生産管理、 ゴルフ場管理、電力量・ガス使用量のモニタシステム

テレコントロール

建設機械のリモートコントロール、表示装置、モーター制御、リフター、 FA 機器のリモートコントロール、 学校の緊急通報装置

テレメーター

河川、ダムの水位モニタ、温度湿度計、雨量計、圧力計、電圧計、電流計

システム例 このページのトップへ戻る

 CPU制御システム

CPUのUARTと直結し、単方向通信、双方向通信が可能です。

1:1での通信

 PC制御によるデータ伝送システム

1:Nでの単方向通信、双方向通信が可能です。

1:Nでの通信

 M:N通信システム

それぞれの機器が複数へ通信を行うM:Nでの通信が可能です。

M:Nでの通信

 中継システム

MU-2を複数台(最大10局)中継する長距離通信システムが可能です。
通信パケットごとに中継ルートを指定する事も可能です。

中継を使った通信
このページのトップへ