1. HOME
  2. 製品情報
  3. テレコントロール
  4.  315MHz帯特定小電力無線ユニットシステム: RTM-1/RRM-1 基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

315MHz帯特定小電力リモコンシステム

RTM-1 , RRM-1

rtm-1/rrm-1

RTM-1は標準規格「ARIB STD-T93」に適合した特定小電力無線ユニットです。技術基準適合証明を取得済みですので、お客様による免許申請なしでそのまま機器に組み込んでお使いいただけます。
従来の微弱無線、赤外線リモコンと比べて通信距離が長く、場所や向きを気にせず安定した通信が可能です。

無線ユニット受信機RRM-1は送信機からの接点情報を受信し出力します。接点出力は4系統あり、3つの出力モードに対応しています。またシリアルデータ出力にも対応しています。
送信機のIDは32台まで登録できます。
送信機にはRT-3、RT-4、RTM-1が使用できます。

RTM-1単品価格:¥3,000(税抜)
RRM-1単品価格:¥6,000(税抜)
※購入数量別の価格は詳細情報ページをご覧下さい。

製品特長 このページのトップへ戻る

 RTM-1の特長

ARIB STD-T93適合、技術基準適合証明取得済み
コンパクトサイズの送信ユニット
最大4接点の通信が可能(単方向通信)
受信ユニットは3つの出力モードに対応
シリアルデータ(ID・接点情報)出力に対応
通信距離:約50m(見通し距離での参考値)

 RRM-1の特長

4接点の出力が可能
ワンショット、トグル、スイッチングの3つの出力モードに対応
シリアルデータ出力に対応
周波数はCH-1~4の4チャンネルを選択可能
送信機IDを32台まで登録可能

製品特長 このページのトップへ戻る

照明機器の制御
マンションゲートの制御
呼び出しシステム
自動シャッターの開閉操作
電動カーテンの開閉操作
表示板の切り替え

システム例 このページのトップへ戻る

組み合わせ例

RTM-1、RRM-1システム: 4接点通信

RTM-1
送信ユニット:RTM-1
やじるし RRM-1
受信ユニット:RRM-1

RTM-1基本接続図(参考回路)

基本接続図
  • 推奨電源電圧(VCC)は3.0Vです。

RRM-1基本接続図(参考回路)

rrm-1
  • RTM-1を使用した場合、RRM-1の出力はOUT1~OUT4です。
  • 動作モードにはワンショット、トグル、スイッチングモードの3種類があります。
  • 送信機RT-3、RT-4、RTM-1が混在したシステムも可能です。
  • 推奨電源電圧(VCC)は5.0Vまたは9.0Vです。
  • 各出力ポート(OUT1~4)の出力電流は数mA以下のため、出力用のリレーを制御する場合は、必ずフォトMOSリレー等のドライバーICを介して、リレーを接続してください。各出力ポートから、直接リレーの励磁側に接続された場合、駆動電流が足りないためリレーは作動しません。

動作モード

RTM-1 RRM-1出力
  ワンショット トグルモード スイッチングモード
SW1 OUT1 200ms ON OUT1 ON/OFF切替 OUT1 ON
SW2 OUT2 200ms ON OUT2 ON/OFF切替 OUT1 OFF
SW3 OUT3 200ms ON OUT3 ON/OFF切替 OUT2 ON
SW4 OUT4 200ms ON OUT4 ON/OFF切替 OUT2 OFF
  • ワンショットモード:RTM-1のSW1(SW2,SW3,SW4)をONすると、RRM-1のOUT1(OUT2,OUT3,OUT4)が200msの間ONします。
  • トグルモード:RTM-1のSW1(SW2,SW3,SW4)をONすると、RRM-1のOUT1(OUT2,OUT3,OUT4)がONしそのままの状態を保ちます。再度スイッチをONするとOUT1(OUT2,OUT3,OUT4)がOFFします。
  • スイッチングモード:RTM-1のSW1(SW3)をONするとRRM-1のOUT1がONします。OFFにするにはSW2(SW4)をONして下さい。

シリアルデータ出力

  • RRM-1は受信したIDやデータをシリアル出力することができるので、PC等によるアプリケーションが可能です。出力されるデータは、どのスイッチがONされたかを示すものや、送信機の識別ID等です。
SW情報
1バイト
機種ID
1バイト
シリアルID
6バイト
CRコード LFコード
このページのトップへ