1. HOME
  2. 製品情報
  3. テレコントロール
  4. 2.4GHz帯ワイヤレスリモコンセット 基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

2.4GHz帯ワイヤレスリモコンセット
リモコン:NT-4 & 出力ユニット:NR-1

NT-4, NR-1

 2.4GHzワイヤレスリモコン製品写真(4ボタン小型送信機:NT-4,6接点出力受信ユニットNR-1)

※左からNT-4-D6(6接点)、NT-4-D4(4接点)、NT-4-S3(3接点)、NT-4-S4(4接点)、NR-1

2.4GHz帯ワイヤレスリモコンシステム リモコン:NT-4、出力ユニット:NR-1は、標準規格「ARIB STD-T66 第二世代小電力データ通信システム」に準拠した無線機器です。技術基準適合証明を取得済みですので、お客様による免許の申請等は不要です。

出力ユニット:NR-1は6系統の接点出力に対応しています。出力はフォトMOS FET出力で、リレーを直接駆動することができます。また、出力動作モードは用途に応じて3つのモードから選択ができます。 NR-1に対応したリモコン(NT-4-S4,NT-4-S3,NT-4-D4,NT-4-D6の4機種)は、小型ボタンタイプで、リチウム電池CR2032(1個)で使用できます。

リモコンとNR-1の通信形態は1:1です。ただし、1:NまたはN:1でのご使用はできません。 通信距離の目安は見通し条件にて約100mです。リモコンは、NR-1との通信状態を表示する機能を搭載していますので、安心して通信を行うことができます。

2.4GHz帯の周波数を使用しているため連続送信が可能で、NR-1の出力制御モードをモメンタリモードに設定した場合、リモコンのボタンを押している間、NR-1から連続で出力することができます。 伝送方式に周波数ホッピングFH)方式を採用することで、2.4GHz帯を使用する他の無線機器からの妨害や混信による通信障害を軽減しました。

本方式は周波数チャンネルの概念が無く、連続通信を行いながら、配送センターなど同一エリアで複数システムの同時運用が可能です。

制御対象に応じて4種類のリモコンを用意しました。

・NT-4-S4 4ボタン4接点
・NT-4-S3 3ボタン3接点
・NT-4-D4 2ボタン4接点
・NT-4-D6 3ボタン6接点

※通信形態は1:1通信です。1:N通信はできません。

NT-4-D6、NR-1セット価格:¥25,000(税抜)
NT-4-D4、NR-1セット価格:¥25,000(税抜)
NT-4-S3、NR-1セット価格:¥25,000(税抜)
NT-4-S4、NR-1セット価格:¥25,000(税抜)
※本製品はセットでご購入ください。
※購入数量別のセット価格は詳細情報ページをご覧下さい。

caution
※出力ユニット:NR-1のアンテナは必ず、同梱のアンテナか指定専用アンテナを使用して下さい。他のアンテナを使用すると電波法違反になります。
※本製品は必ず、制御対象の動作を確認しながら操作してください。
※2分以上連続操作すると、ボタン異常と判断し、出力がOFFします。
一旦、操作を中止し、再度制御を開始してください。

製品特長 このページのトップへ戻る



2.4GHz帯ISMバンドを使用し、技術基準適合証明取得予定

NT-4(リモコン)、NR-1(出力ユニット)は、2.4GHzのISMバンド(2,403〜2,480MHz)の電波を使用する無線機器です。
標準規格「ARIB STD-T66第二世代小電力データ通信システム」に準拠し、技術基準適合証明を取得済みなので、お客様による免許の申請等は不要です。


FHSSにより周波数チャンネルを意識せず複数運用が可能

周波数ホッピング(FH)技術を採用することで、2.4GHz帯を使用する他の無線機器からの妨害や混信による通信障害を軽減しました。
NT-4、NR-1は、2403〜2480MHzの周波数バンド内の任意の20チャンネルを、周波数ホッピングしながら通信します。周波数ホッピングにより、他の無線機器との衝突を回避して通信を行うため、使用周波数チャンネルを意識せず、同一エリアで複数システムの同時運用が可能です。


連続送信による出力操作と受信ユニットは出力制御モードの選択が可能

従来の315MHz帯や426MHz帯の特定小電力テレコン製品は、電波法の規定により送信時間制限がありますが、NT-4、NR-1は2.4GHz帯を使用することで連続送信が可能です。

リモコンのボタンを押している間、出力ユニットは連続(時間制限無し)で出力することができますので、様々なアプリケーションにお使いいただけます。

NR-1の出力制御モードは連続出力(モメンタリ)以外に、ワンショット、トグルの各モードから、用途に応じての選択が可能です。


2.4GHz帯ワイヤレスリモコンは、通信状態の確認ができるので安全

リモコンと出力ユニット間は双方向通信し、無線機内部では常に通信リンク状態を監視しています。安定して使用できる通信距離及び環境であるかは、リモコンのLED表示により手元で確認ができます。


電池寿命はCR2032×1個で1年

NT-4は4mA(平均値)という低消費電流のため、ボタン電池(CR2032)×1個で約1年間の使用が可能です。ただし、条件は1日あたり10分以内の操作を行った時です。

連続使用では約50時間(3000分)となります。


2.4GHz帯ワイヤレスリモコンの通信距離は見通しで30m

NT-4、NR-1の通信距離は、見通しで100mです。
2.4GHzのリモコンは、近距離で高品質で確実な通信を必要とする用途に向いています。

※但し、他の無線機器や周囲のノイズ等の使用環境が通信距離に影響する場合があります。

 NT-4の特長

ARIB STD-T66準拠、技術基準適合証明取得済
手元のLED表示による通信状態確認機能
リモコンはリチウム電池CR2032(1個)で動作
オートパワーOFF機能
アクリルパネルのシルクをカスタマイズ可能

 NR-1の特長

ARIB STD-T66準拠、技術基準適合証明取得済
最大6接点までの制御が可能(リモコンNT-4-D6を使用した場合)
モメンタリ、ワンショット、トグル3つの出力モードに対応
通信距離の目安は見通し条件で約100m
フォトMOS FET出力 (最大DC24V / 220mAまで)で高アイソレーション
連続送信による連続出力動作が可能 (モメンタリモードに設定時)
通信形態は1:1 (1:NまたはN:1での使用は不可)
低消費電流動作
対応リモコンはNT-4-S4,NT-4-S3,NT-4-D4,NT-4-D6の4機種

製品特長 このページのトップへ戻る

トラック等のリアゲート昇降・開閉装置
福祉車両等の電動リフトの昇降・格納装置
電動ガレージ(シャッター)の開閉装置
室内照明機器制御・電動カーテンの開閉
チェーンブロック、ウィンチ制御
農業用機械制御
その他

電動リアゲートの昇降・開閉等の操作を、手元のリモコンで行うことができます。
配送拠点などの同一エリアで複数システムの同時運用が可能です。

app1



アプリケーション例

システム例 このページのトップへ戻る

NR-1と、NR-1に接続する比較的小容量の負荷(Tr、IC等)の電源を共通にする例です。

接続例1
  •  負荷電源電圧は、NR-1の仕様であるDC5~24Vの範囲で使用してください。

NR-1と、NR-1に接続するリレーとの間でアイソレーションをとる必要がある場合は、下図のように別電源 にしてください。

接続例1
  • 負荷(リレー)電源容量はDC/ACで24V,220mA以下の電圧、電流としてください。

接点出力動作モード

NR-1の接点出力動作モードには、モメンタリ、トグル、ワンショットの3種類があります。 使用するリモコンの出力制御ボタンに対する、NR-1の接点出力は以下のようになります。

  • NT-4-S3 出力制御ボタン①~③ → OUT1~OUT3
  • NT-4-S4 出力制御ボタン①~④ → OUT1~OUT4
  • NT-4-D4 出力制御ボタン①~④ → OUT1~OUT4
  • NT-4-D6 出力制御ボタン①~⑥ → OUT1~OUT6
NT-4-xx
出力制御ボタン
NR-1
出力
  モメンタリ(連続動作)
①~⑥ボタンON中
ワンショット
①~⑥ボタンをONすると
トグルモード
①~⑥ボタンをONする度に
OUT1 連続でON OUT1 500ms ON OUT1 ON/OFF切替
OUT2 連続でON OUT2 500ms ON OUT2 ON/OFF切替
OUT3 連続でON OUT3 500ms ON OUT3 ON/OFF切替
OUT4 連続でON OUT4 500ms ON OUT4 ON/OFF切替
OUT5 連続でON OUT5 500ms ON OUT5 ON/OFF切替
OUT6 連続でON OUT6 500ms ON OUT6 ON/OFF切替

モメンタリモードで電波が途切れた場合は、出力が直ちにOFFになります。弱電界で使用すると出力が不安定になるので注意してください。

このページのトップへ