1. HOME
  2. 製品情報
  3. テレコントロール
  4. 特定小電力テレコンスイッチシステム:CDT-TX-02M/CDT-RX-02M基本情報

無線モジュール,無線モデムなどの製品情報 株式会社サーキットデザイン

製品概要

426MHz帯特定小電力テレコマンドユニット

CDT-TX-02M , CDT-RX-02M

cdt-tx-02m/cdt-rx-02m

426MHz帯特定小電力テレコマンド送信ユニット:CDT-TX-02M、テレコマンド受信ユニット:CDT-RX-02Mは、機器組み込みタイプのテレコントロール(遠隔制御)用特定小電力テレコマンドユニットです。

送信ユニットは標準規格「ARIB STD-T67」に適合し、技術基準適合証明を取得済みですので、お客様による免許の申請等は不要です。
通信方式は単向通信で、6接点の接点信号を送受信できるテレコン装置が簡単に実現できます。MSK変調方式の採用と高感度の受信性能により、500~800mの通信距離で使用が可能です。
使用周波数チャンネルは、4つのチャンネルから任意の1チャンネルを選択できます。制御機器毎に別々のチャンネルを選択することにより、同一エリア内で同時運用が可能です。

受信ユニットは、送信ユニットのIDを100台まで登録できます。出力ポートは高アイソレーション可能なフォトMOS FET出力で、リレーを直接駆動することができます。また、出力制御モードは4つのモードに設定できます。用途に応じてモードを設定することにより、様々なアプリケーションへの対応が可能です。

■別販売商品の特定小電力テレコンスイッチ送信機(WT-01,WT-02)、受信機(WR-01)と組み合わせて使用することもできます。(この場合、CDT-02Mの使用周波数チャンネルをCH1:426.025MHzに選択してください。)詳細は、弊社営業部へお問い合わせください。

CDT-TX-02M単品価格:¥10,000(税抜)
CDT-RX-02M単品価格:¥18,000(税抜)
※購入数量別の価格は詳細情報ページをご覧下さい。

製品特長 このページのトップへ戻る

 CDT-TX-02Mの特長

ARIB STD-T67適合、技術基準適合証明取得済み
426MHz帯の4チャンネルで使用可能
最大6接点制御
CDT-RX-02M,WR-01と通信可能

 CDT-RX-02Mの特長

サブキャリアMSK方式による高感度無線機
高アイソレーション可能フォトMOS-FETによる6接点出力
4種類の出力制御モード
送信ユニットあるいはリモコンのIDを最大100個まで登録可能
CDT-TX-02M/WT-01/WT-02と通信可能
低電圧・低消費電流動作
コンパクトボディ

製品特長 このページのトップへ戻る

電動シャッター、電動ブラインド、ガレージドア等のリモコン
回転灯、警報装置
リモコンスイッチ
呼出装置
工事用・工場用などの信号機

システム例 このページのトップへ戻る

6接点通信システム

CDT-TX-02M

送信ユニット:CDT-TX-02M
やじるし CDT-RX-02M

受信ユニット:CDT-RX-02M

  • CDT-TX-02MはスタンバイモードからSW1~6の何れかのスイッチがONすると送信を開始します。電波法の規格上、5秒間ONが連続すると、内部CPUの制御で2秒間は休止時間(送信停止)となります。消費電流はスタンバイ時:約1μA、送信時:約15mAです。
  • CDT-RX-02Mの出力はフォトMOS-FET(半導体)です。AC/DC電源で最大電圧48V、最大電流100mAまでの負荷を駆動できます。出力はワンショット、トグル、スイッチング、モメンタリの4モードを選択できます。100台までの送信ユニットあるいはリモコンが使用できます。
動作モード:CDT-RX-02Mの場合
  ワンショットモード トグルモード モメンタリーモード スイッチングモード
CDT-TX-02M CDT-RX-02M出力 CDT-RX-02M出力 CDT-RX-02M出力 CDT-RX-02M出力
SW-1 SW-1 SW-1 SW-1 SW-4 ON
SW-2 SW-2 SW-2 SW-2 SW-4 OFF
SW-3 SW-3 SW-3 SW-3 SW-5 ON
SW-4 SW-4 SW-4 SW-4 SW-5 OFF
SW-5 SW-5 SW-5 SW-5 SW-6 ON
SW-6 SW-6 SW-6 SW-6 SW-6 OFF
  • ワンショットモード
    CDT-TX-02MのSW1(SW2~SW6)をONすると、CDT-RX-02MのSW1(SW2~SW6)が500msの間ONします。
  • トグルモード
    CDT-TX-02MのSW1(SW2~SW6)をONすると、CDT-RX-02MのSW1(SW2~SW6)がONしそのままの状態を保ちます。再度スイッチをONするとSW1(SW2~SW6)がOFFします。
  • モメンタリーモード
    CDT-TX-02MのSW1(SW2~SW6)をONしている間、CDT-RX-02MのSW1(SW2~SW6)がONします。
    ただし、5秒以内に限ります。5秒以上スイッチをONした場合はSW1(SW2~SW6)がOFFします。
  • スイッチングモード
    CDT-TX-02MのSW1(SW3,SW5)をONするとCDT-RX-02MのSW4(SW5,SW6)がONします。
    OFFにするにはSW2(SW4,SW6)をONて下さい。
このページのトップへ